中国茶,中華食材,中華菓子,お茶請けのお店『隆花』
中国茶,中華食材,中華菓子,お茶請けのお店『隆花』 お客様からのご感想 お買い物方法 卸売りのご案内 会社概要
取扱商品
中国茶
中華食材
お茶請け
お菓子
杏仁
四川料理 京華樓 特製調味料


買い物カゴ

■メールマガジン
■法に基づく表示
■お問い合わせ
■店舗のご案内
■アンケート
■リンク集



【トップページへ】

 

TOP ⇒ 中国茶のおはなし  ⇒ 中国茶の分類と特徴  ⇒ 中国茶の淹れ方と茶器について


中国茶のおはなし


■中国茶に対して、あなたはどんなイメージがありますか?

「種類がとっても多い」
「小さい茶器を使って、急須にお湯をかけるのよね?」
「花が出てくるお茶があるのよね?」
「淹れ方がよく分からない」
「なんか難しそう…」

そういってお店(隆記)に来るお客さんがとても沢山いらっしゃいます。
ですが、それは最初の頃の私に比べれば中国茶を知っている事になります。
なんせまったく、なにも知らなかったのですから。

少しずつ中国茶に慣れ、いろいろな種類のお茶を楽しむうちに、なくてはならないものになりました。難しい事はなにもないです。

これから簡単な中国茶のおはなしをしますので、少しでも興味を持ってくれたら嬉しいです。



■中国茶の原料について

中国茶全てのお茶の原料となる茶葉は、全て同じものです。

永年性常緑樹カメリア・シネンシスという学名の、ツバキ科の植物の葉から作られているといいます。その木の原産地は雲南省のため、全てのお茶のルーツは中国にある!といわれているのです。

品種改良や製法の違いによって、とてもたくさんの種類のお茶が出来ました。
そのたくさんの中国茶は、発酵度や茶葉の色で大きく6つに分けることが出来ます。

その6つを中国六大茶と呼び、緑茶・白茶・黄茶・青茶・紅茶・黒茶と、色で区別されています。その他に花茶茶外茶工芸茶など六大茶には入らないけど美味しくて有名なお茶があります。


それでは、次のページで種類別の特徴をご紹介します


NEXT⇒

Copyright (c) 2003 Ryuutai.co.Ltd All Rights Reserved.