中国茶,中華食材,中華菓子,お茶請けのお店『隆花』
中国茶,中華食材,中華菓子,お茶請けのお店『隆花』 お客様からのご感想 お買い物方法 卸売りのご案内 会社概要
取扱商品
中国茶
中華食材
お茶請け
お菓子
杏仁
四川料理 京華樓 特製調味料


買い物カゴ

■メールマガジン
■法に基づく表示
■お問い合わせ
■店舗のご案内
■アンケート
■リンク集



【トップページへ】

 

TOP ⇒ 中国茶のおはなし  ⇒ 中国茶の分類と特徴  ⇒ 中国茶の淹れ方と茶器について


中国茶のおはなし


どんなお茶があるかが分かったら、次に気になるのは淹れ方です。
「茶壷にお湯をかける?」ではさっぱりです。

中国茶には、日本の茶道のような正しい淹れ方のようなものはありません。
より美味しく淹れられるようにと考え出されたのが工夫茶と呼ばれる淹れ方ですが、日常的にそのような淹れ方で飲んでいる人は中国でも一部の人です。
普通に急須で淹れたり、マグカップ(湯のみ)に直接茶葉とお湯をいれて飲んだりもします。最近では、茶漉しとフタのついたマグカップも売っています。自由にあなたの好きな飲み方で良いんです。

でも、自由に好きな飲み方で良いとは言え、たくさんの茶器が生まれた背景には、やはりお茶をより美味しく、楽しみながら淹れるためにとの考えがあってのことだと思います。

お茶によってはこの茶器の方が美味しく入るというものなど、茶器の特徴を知っておく事も美味しいお茶を飲むための要素になると思います。




■茶壷(ちゃふう)

茶壷
1. 陶器で出来ているもの

釉などをかけていない素焼きの茶壷です。
茶壷で一番良いのは、紫砂(しさ)という土で作られた茶壷と言われています。

使えば使うほどお茶の香りを吸収し、アクなどの雑味もとってまろやかで美味しい お茶が淹れられるようになるといいます。
そのため「一茶葉一茶壷」という言葉があります。
1つの茶葉で専用の茶壷を決め、繰り返し同じお茶を飲むんだそうです。

でも、中国茶の種類はとても多いし、いろいろな種類のものが飲みたくなります。
青茶専用に1つ、黒茶専用に1つという感じで、似た種類のお茶を1つの茶壷で入れても大丈夫だと思います。(青茶と黒茶の茶壷は分けてください)

使い始めには土の匂いを消すための下処理をしたり、香りを吸収するので洗剤を使って洗ってはダメなどと少し手も掛かりますが 馴染んでくると可愛く見えるから不思議です。(^^*)


2. 磁器の急須

釉を塗ってあるので、香りを吸収するようなことはありません。
香りを吸収しないので、全てのお茶を淹れるのに使えます。
陶器と磁器を逆に覚えている人もいるようですが、磁器は普通のマグカップのような質感のものです。


3.耐熱ガラスの急須やグラス

ガラスなので、見て楽しめるお茶に似合います。
お茶だけでなく、ハーブティーなど色を楽しむのにも最適です。
夏はガラス製の茶器を使うと涼しげなイメージに変わります。



陶器・磁器・耐熱ガラスと分けて特徴を書きましたが、お茶を淹れる上で重要なのは保温力です。
中国茶は香りを楽しむお茶でもあります。香りを引き出すために茶器は予め温めておく必要があります。そして蒸らしている間に冷めにくいか冷めやすいかによって、淹れるお茶が変わってきます。

高温で淹れる茶葉には、当然冷めにくい茶器の方が合いますし、低温で淹れる茶葉には散熱しやすい、冷めやすい茶器の方が合うというわけです。

基本的に、青茶や黒茶・紅茶は高温(100度近く)で淹れますし緑茶や白茶・黄茶は85〜75度くらいの低温で入れます。

保温力は陶器のものが一番高く、磁器のものが中程度、ガラス製が一番低いです。
そのため、青茶や黒茶・紅茶には陶器の茶壷を使い、蒸らしているときにも上からお湯をかけることでより冷めにくくし、高温のまま蒸らす方法が採られているんです。
反対に、高温で淹れる必要のない茶葉には冷めにくい陶器のような茶器は合いません。
最初は保温力中程度の磁器製の茶器があれば、すべてのお茶を淹れられるのでお薦めです。

茶葉に合う茶器を選ぶコツは、今まででお話しした通りです。



では、茶壷を使ってお茶を淹れる工夫茶についてお話します。テレビなどで見たことのある人は多いかもしれません。

茶壷の上からお湯をかけている、あの淹れ方です。

茶壷(陶器製)を使い、上からさらにお湯をかける方法ということで、青茶や紅茶・黒茶専用の淹れ方だというのは、あなたはもう知っていますね。

工夫茶だけでなく、中国茶を淹れる時には香りを引き出すために茶器を予め温めておく必要があります。これは、中国茶を淹れる上での絶対条件です。


それでは実際の淹れ方を見てみましょう


NEXT⇒

Copyright (c) 2003 Ryuutai.co.Ltd All Rights Reserved.