中国茶,中華食材,中華菓子,お茶請けのお店『隆花』
中国茶,中華食材,中華菓子,お茶請けのお店『隆花』 お客様からのご感想 お買い物方法 卸売りのご案内 会社概要
取扱商品
中国茶
中華食材
お茶請け
お菓子
杏仁
四川料理 京華樓 特製調味料


買い物カゴ

■メールマガジン
■法に基づく表示
■お問い合わせ
■店舗のご案内
■アンケート
■リンク集



【トップページへ】

 

TOP ⇒ 中国茶のおはなし  ⇒ 中国茶の分類と特徴  ⇒ 中国茶の淹れ方と茶器について


中国茶のおはなし



■茶壷 ・茶海(ピッチャー) ・聞香杯 ・茶杯 ・茶盤(お湯受け)

白茶 最初に、茶壷・茶海・聞香杯・茶杯をお湯で温めます。

茶壷を温めた後、茶葉を入れます。

茶葉の量の目安は茶壷の底が見えないほどです。敷き詰めてください。

茶盤(なければ深めの大きい皿で代用できます)の上でお湯を注ぎます。はねますが、出来るだけ上から注ぐほうが良いです。

溢れるほど注いだら、浮いてきた泡(これはアクです)を蓋ですりきるようにして横に流してから蓋を閉めてください。

そして、蒸らしている間に2〜3回ほど茶壷の上からお湯をかけてください。
外からも温める事で蒸らしている間も冷めにくくなります。

蒸らし終わったら茶海(ちゃかい)と呼ばれるピッチャーに移します。
茶海に入れることで、茶の濃さが均一になります。

その後、聞香杯にお茶を入れて少ししたら茶杯に移します。

茶杯に移してすぐに、聞香杯の香りをお試し下さい。
空気に触れるたびに香りが変わっていきます。

長く香りが続くお茶ほど、質の良いお茶です。

香りを楽しんだ後は、茶杯のお茶を飲んでお楽しみ下さい。

また、蓋碗(がいわん)というフタ付きの茶碗もあります。
これは直接茶葉をいれ、お湯を注いで蒸らした後、フタを少しずらして直接飲みます。
もしくは、フタをずらして茶海などにお茶を移したりします。





茶器の選び方のポイント

お茶を淹れる時には茶葉の特徴に茶器を合わせた方がよく、
また、茶器は自分の手に合わせることが大切です。

茶壷

陶器
丸く、手に収まる小型のタイプは扱いやすいので初心者の方にもお勧めです。中国茶は何煎も淹れられます。少しずつ蒸らし時間を長くする事により、
一煎一煎の味わいの違いを楽しめます。小さめ〜中くらいのサイズの茶壷がお勧めです。黒茶や青茶向きです。


磁器
全部のお茶で使えますが、紅茶や花茶向きです。 こちらはいつも飲む人の分が入る大きさの物をお求め下さい。


耐熱ガラス
散熱しやすいので工芸茶や緑茶や白茶・黄茶にお勧めです。
工芸茶は種類によってはとても大きく広がったり、花が糸で連なって出てきますので、ほどほどの背のあるものをお勧めします。


茶杯
ふちが薄く、広く開いたものが青茶向きです。


聞香杯
背が高く、口がすぼまったものの方が香りは残りやすいです。


蓋碗
片手で扱える大きさと重さのもの。
蓋のカーブが大きいほど香りが残りやすいです。
(蓋碗は蒸らした後、フタの残り香を楽しみます)
直接茶葉をいれて、少量のお茶を飲むのに便利です。
口が広く、密閉性が低いのでお茶が冷めやすいです。


いろいろ書きましたが、あくまでも中国茶の淹れ方は本当に自由です。
人によって飲み方が違って良いもので、決まりは何もありません。
あなたに合ったスタイルで楽しんでもらえれば、それが一番のリラックスになるのではないでしょうか?無理に茶器を揃えて、この手順道理にやらなきゃ!と頑張っても、肩に力が入っていてはリラックスなんて出来ないですしね。





■水(湯)のはなし。

水(湯)のはなし。

お茶を淹れるのに、絶対に必要なもの。
それは美味しい水ですね。

お茶の香りや味を引き出すのに必要なのは、
・ くせがない
・ たっぷりと空気が含まれた汲みたての水
が必要になります。

水道水でも、十分美味しいお湯になります。
汲みたての水を沸騰させます。
沸騰してから弱火で5分くらい沸騰させればカルキ臭が抜けて、
くせのない水(湯)になります。

ただし、沸かしすぎると空気が抜けて、茶葉の旨みが上手く出ないので注意が必要です。
浄水器のある方はご活用下さい。



←戻る

Copyright (c) 2003 Ryuutai.co.Ltd All Rights Reserved.